FC2ブログ

立命館大学短歌会入会資格についてのご説明


有志の方が当会を含めた各大学短歌会の入会資格を表にまとめて紹介されていたようですので、立命館大学短歌会の入会資格につきまして、こちらから改めて少し詳しいご説明をさせていただきたいと思います。

まず、立命館大学短歌会は体裁としては立命館大学に属する団体であり、短歌の世界に触れたい立命生のために生まれたサークルです。したがって、会員は基本的に立命館大学の学部生および院生から募集しています。

しかしその一方で、全国学生短歌のコミュニティに周知された「学生短歌会」としての立命館大学短歌会は、他の多くの学生短歌会と同じく、学外生にも門戸を開いた臨機応変な会員受け入れを行ってきました。
とはいえ、入会希望者をいつでも無節操にすべて受け入れうるという訳ではありません。
現在、当会が要相談で受け入れを想定しているのは、花園大・佛教大をはじめとする短歌会のない近隣他大学生の入会希望者が主です。
その他の学外生入会希望者に関しては、紹介および相談必須で、場合によっては受け入れ可能となります。とにかくまずはご相談ください。
なお、社会人・高校生の方の入会は混乱を避けるためすべて断らせていただいております。
相談の結果、入会が認められた場合は、他大学生であっても学生短歌のコミュニティや作品発表の場で「立命館大学短歌会の会員」を名乗ることが可能です。

※当会の運営はできる限り定められた会則(ごく簡単なものです)に則って行っていますが、年度が変わり会内部の事情が変われば、入会資格などの細かな基準は少しずつ変化していきます。
また、上記入会資格の基準も今回のことを受けて新たに検討し直した結果のものであり、決して当会の運営方針を固定させる意図のものではありません。
当会はあくまで現役の大学生が主体となって取りまとめている大学のサークルのひとつであり、その運営は会員同士のある種の信頼関係に基づいて成り立っています。そのため、こと入会に関する条件や基準を明文化することは難しく、学外生の受け入れに関してはケースバイケースの対応をさせていただくとしか言い様がないというのが現状です。
ですので、今後入会資格について不明な点がありましたら、その都度当会のツイッターアカウント(@RitsumeiTanka)またはrittan.5th@gmail.comまで問い合わせをして頂くのが一番確実かと思います。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

2019年5月18日
立命館大学短歌会会長 瀬田光
スポンサーサイト

新年歌会をします!

遅ればせながら、皆さんあけましておめでとうございます。年明けから体調不良の続く濱松(科)でございます。
昨年は無事、『立命短歌』第2号を発行することができました!
通販開始まで、今しばらくお待ちください。
今年も立命短歌会をどうぞよろしくお願い致します。


さてさて、今年最初の歌会を開催します。
新年だし盛り上がっていきましょう!

立命短歌・新年歌会
日時:1月14日(水)18:00~
場所:立命館大学衣笠キャンパス清心館545教室



参加をご希望の方は、りったんGmail(rittan.5th☆gmail.com ☆→@)までご連絡下さい。折り返し、詠草の送り先などをお伝え致します。
学内学外など、所属・歌歴は問いません!
「歌会は初めて」「短歌って何よ?」という方、出詠なしの見学も大歓迎ですので、ぜひ足を運んでみて下さい(・▽・)

10月の予定

こんにちは、もうすっかり秋めいてきましたね。立命の衣笠キャンパスにもたくさんの金木犀が咲いており季節感を楽しんでいたのですが、先日植木屋さんがじゃきじゃきと花もおかまいなしに切っているむごたらしい場面に遭遇してしまった安田です。かなしい……



どうでもいい話はさておき、10月の歌会の予定を更新します。

第46回歌会:10月10日(金) 18:10~
場所:未定(決まり次第お知らせします)

第47回歌会:10月17日(金) 18:10~
場所:未定(決まり次第お知らせします)


詳しい情報は立命短歌会のtwitterにも更新されますので、参加を考えたい方などいらっしゃいましたら随時チェックしてみてください。質問や参加希望の際は、りったんメールアドレス(rittan.5th★gmail.com←送信時に★を@に変えてください!)までご連絡ください。

新入会員は随時募集中です!立命の学部生でなくても、すでにどこかの短歌会に所属されている方でも大歓迎です。歌会だけでもお気軽にご参加ください。




先日大阪で開催された文学フリマでは、立命短歌のブースは盛況でした。開場時間から1時間も経たないうちに思っていたより手に取ってくれる方が多く、おかげさまで予定販売部数の50部+急遽6冊ほど追加した分は完売となりました!お手に取ってくださった方、本当にありがとうございました。ただ、一部から「ページの順番が間違っている」というご指摘を受けましたので、もし乱丁のみられる冊子を買ってしまった方にはお詫び申し上げます。

ちらほらと「読んだよ」という感想を見かけるのですが、うれしい限りでございます。やはりどういう内容の感想でも意見でも、言及してもらえることで「読んでもらえた」という実感がわいてきて、とてもうれしいものですね。私自身こういう冊子を外に向けて発行するのは初めてだったのですが、「冊子をつくる」ということの楽しさやむずかしさをすこし齧ることができたような気がします。


また最近は、発足2周年の記念歌会を蹴上の国際交流会館にて、名誉顧問の先生方と、二松学舎大学からゲストも呼んで行いました。先生方から評をしていただくのは恐れ多いこと限りなしという感じでしたが、ありがたいアドバイスをたくさんいただき、おのおのの作歌意欲を刺激されたとても良い機会でした。決まったメンバーで歌会をやるのもいいのですが、こうやっていつもと違う人たちで歌会をやることで見えてくることもたくさんあるな、と思ったのでした。歌会後の食事会も和気あいあいとしていてとても楽しい一日でした。

この記事を書いていて思い出しましたが、先日9月25日は立命短歌発足2周年の記念日でした。記念歌会をやっておきながらすっかり日にちを忘れていたのは秘密です。これから何年たっても、短歌をやりたい人のための場所として、ひっそりとでもこの立命短歌会があればいいな、と思うばかりです。これからも立命短歌会をどうぞよろしくお願いいたします!



そういえば、さんざん出す出す詐欺をしていたアレも、もうすこしで動き出しそうな予感です。秋ごろのあのイベントでもしかすればアレできるかもしれません。今後の立命短歌の動きにご期待ください……!

大阪文フリに出店します

こんにちは。ご無沙汰しております。最近すずしいので快適に過ごせてうれしい安田です。

さて今回は宣伝です。
9/14(日)に大阪の堺市産業振興センターにておこなわれる文学フリマに、立命短歌はブース参加します。

E‐27ブースにて、小冊子『塩』『胡椒』を発行します。限定50部、二冊セットで150円です。二冊の違いはメンバーや企画内容などです。内容は会員連作のほかに、みんなで同じ歌に評をする「みんなで一首評」や、メンバー5人による共同連作30首、各メンバーによるエッセイなど、小冊子ですが読み応えたっぷりの内容となっております。

そして今回はなんと、『天唇』や『存在の夏』で有名なあの村木道彦氏にインタビューを行いました!記事は今回の小冊子に掲載するので、村木氏が果たして何を語ったのか、ぜひ冊子を手に入れてその目で確認してください!!

なお、今回の大阪文フリでは、立命短歌会のブースにおいて短歌同人誌『率』さんの委託販売も行います。(『塩』『胡椒』とは別の会計になりますのでご注意ください。) 同じブースで販売していいのか、恐れ多いです……笑


今年入会してくれた一回生も一首評に参加してくれているので、是非読んでみていただきたいです。初の原稿を提出してくれたということで、うれしい限りです。

今週の週末はぜひ、大阪文フリにて立命短歌会のブースに足をお運びください!お待ちしております!!



各種お知らせ&7月の予定

あじさい綺麗だなーと思っていたら、もう7月になっていてびっくりな安田です。先月に続きこんにちは。


さて、まずは7月の予定をお伝えします。

【7月の予定】
7/7(月) 18:00~ 第44回歌会
場所:立命館大学衣笠キャンパス(教室は未定なので決まり次第お伝えします。)


質問や参加希望の際は、りったんメールアドレス(rittan.5th★gmail.com←送信時に★を@に変えてください!)
までご連絡ください。


七月は学部生が試験期間なので、歌会は1回だけとなっております。
また、最近は『立命短歌』2号発行に向けていろいろ走りはじめました。
無事によいものが発行できるように頑張っていこうと思います!



続けて、各種お知らせを。主に今週の土日について。

まず、今週の7月6日(日)はサラダ記念日……
ではなく、先月の記事でもお伝えした催し「嵐山時雨殿 Summer Valentine2014」内の、立命短歌会のメンバーが企画・スタッフとして参加している「恋うた百人一首 詠おう、選ぼう、恋の歌会」の当日となっております!いよいよです。

先月30日が、Twitter上の恋うた募集の締切日だったのですが、なななんと約400首もの歌が集まりました!!!!!!たくさんの投稿、うれしいばかりです。ありがたや……

詳しい情報はひとつ前の投稿か、特設ページ(http://www.shigureden.or.jp/sv2014/)をチェックしてみてください。まだまだギャラリー参加は受付中です。会場では飛び入り参加して歌を提出することもできますので、ぜひみなさんお越しください。ご質問などがありましたら、お気軽にどうぞ。



そしてもうひとつ宣伝です。
NHK大阪放送局制作「あほやねん、すきやねん」の7/5(土)午前10:30~12:00 生放送予定の回に、上記のイベント「恋うた百人一首」が取り上げられることになりました。そこで、立命短歌会の会長が代表としてほんの少しだけ出演する予定です。

イベント前日の放送なのですが、すこしでも情報を知っていただければ幸いです。短歌についても取り上げられるそうなので、ぜひご覧ください。

というのも、出演するのは私なのですが……セルフ宣伝のようになってしまいましたが、あくまでもりったんメンバー内でブログを更新できる人が更新をしているだけなので、あしからず。



今回のイベントに向けていろいろ動いてきたので、うまくいけばいいなあと思います。ぜひ会場に遊びに来てください。日曜日が楽しみです。

では、失礼します。



プロフィール

りったん

Author:りったん
第五次立命館大学短歌会です。40年の時を経て、2012年9月25日(火)に再結成しました。通称:立命短歌会。りったん。大学公認団体です。

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
ご用件:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter...
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR